介護福祉士等修学資金貸付制度について

奨学金
介護士を目指すために専門学校に進学したくても、金銭的な理由から諦めている人はいないでしょうか。そんな方でもご安心下さい。介護福祉士等修学資金貸付制度というものがあり、修学資金が必要な人へ貸出をしてくれます。

目次

  1. 【1】どのくらいのお金を借りられるの?

  2. 【2】返済免除の条件は?

  3. 【3】実際のところ学費の足しになるのか?

  4. 【4】その他の支援内容

  5. 【5】まとめ

 

どのくらいのお金を借りられるの?

貸出制度があることで、進学の問題はクリアされていたとしても、いくら借りることができるのかが問題でもあります。どのくらいお金が借りられるのかですが、毎月50,000円のお金を借りることができます。また、学校への入学準備金として、200,000円。就職活動や就職時の引越しなどに備えて就職準備金200,000円を借りることが可能です。

そして、貸与された資金については無利子となっており、安心して借りることができます。

返済免除の条件は?

嬉しいことに貸付制度を利用して借りた資金は、養成施設卒業後、社会福祉施設において、介護福祉士又は社会福祉士として介護業務や相談業務等に一定年数従事した場合、返済が免除されます。5年間の勤務後に返済免除となるようですが、詳細は各都道府県ごとに異なる場合があるため、確認が必要です。

実際のところ学費の足しになるのか?

介護福祉士養成の専門学校に進学するとして、この修学資金貸付制度で借りたお金はどのくらい学費の足しになるのでしょうか。

一般的な介護福祉士養成専門学校の学費は、2年間で2,000,000円~2,500,000円程度です。修学資金貸付制度を利用し、2年間で借りることができる修学資金は、24カ月×毎月50,000円=1,200,000円、入学準備金200,000円、就職準備金200,000円で合計1,600,000円です。

学費の60%~80%は貸付制度でまかなうことができます。これでも修学資金が足りない場合は、日本学生支援機構の奨学金制度を活用することも可能です。

その他の支援内容

福祉・介護業務に現在従事し、スキルアップのために資格取得を目指す方やこれから福祉業界に転職しようという方に、福祉の仕事に関する資格の取得支援もあります。働いているため、学校に行く時間がないという方には朗報です。どんな支援があるのか見ていきましょう。

~東京都の支援内容~

(1)介護職員初任者研修 資格取得支援

東京都が行う職場体験事業に参加した方の中で、介護業界での就労を目指し介護職員初任者研修の受講を希望する方に、無料の研修を開講し、資格取得を支援するものです。

(2)トライアル雇用事業

介護業界への就労を希望する離職者等を介護施設等で雇用しながら、介護職員初任者研修の受講を支援しています。

~厚生労働省の支援内容(教育訓練給付金)~

働いている方の能力開発の取組みやキャリア形成を支援するため、教育訓練受講に支払った費用の一部を支給し、専門実践教育訓練を受講する45歳未満の離職者の方に対しては、基本手当が支給されない期間について、受講に伴う諸経費の負担についても支援を行うことにより、雇用の安定と再就職の促進を図ることを目的とする雇用保険の給付制度です。

(1)一般教育訓練給付金

教育訓練施設に支払った教育訓練経費の20%に相当する額が支給されます(※ただし、その額が10万円を超える場合は10万円とし、4千円を超えない場合は支給されませんのでご注意下さい。)

(2)専門実践教育訓練給付金

教育訓練施設に支払った教育訓練経費の50%に相当する額が支給されます。(※ただし、その額が1年間で40万円を超える場合の支給額は40万円とし、4千円を超えない場合は支給されませんのでこちらもご注意下さい。)

詳細は、お近くのハローワークで確認して下さい。

まとめ

修学資金がなくても、学費を借りることができる修学資金貸付制度は大変便利なものです。無利子で、一定期間福祉施設で勤務すれば、返済が免除されるというものも大変魅力的です。また、学校に行く余裕がない人や既に働いている人、福祉系の学校を卒業してさらに働きながら学びたい人にも様々な支援制度がありますので、ぜひ活用してスキルアップを図ってみて下さい。