住み慣れた家で暮らしたい。ニーズ高まる「訪問介護」

デイサービスやショートステイ、訪問サービスなど、介護のサービスにはさまざまな種類があります。今回はそのなかで最も利用者が多いとされる「訪問介護」についてご紹介します。

目次

  1. 【1】訪問介護のサービス内容

  2. 【2】訪問介護サービスを受けるには?

  3. 【3】訪問介護のメリット・デメリット

  4. 【4】在宅介護を選ぶなら欠かせない介護サービス

訪問介護は、訪問介護スタッフ(ホームヘルパー)が利用者の自宅を訪問して、身体介助や生活援助、通院時の外出移動などをサポートするサービスです。

訪問介護は通所介護サービス(デイサービス)や短期入所介護サービス(ショートステイ)などの居宅サービスと比較して、利用者の割合が最も多いといわれているサービスです。いったいどのようなサービスが行われているのでしょうか。

訪問介護のサービス内容

訪問介護で受けられるサービスは、「身体介護サービス」「生活援助サービス」「その他通院などの援助サービス」の3種類です。

身体介護サービス

身体介護サービスは、トイレのサポートや食事の見守り、入浴介助など、普段の生活のなかで身体的にサポートが必要な場面でサポートを行うサービスです。また、衣類の着脱介助や散歩補助、口腔洗浄など、利用者の方の心身の状態に合わせたケアも行います。

生活援助サービス

生活援助とは、利用者の方がひとり暮らしをしていたり、家族の方が何らかの理由で家事を行えなかったりする場合に、食事の準備や掃除、洗濯、買い物の代行といった身の回りの世話をするサービスです。

その他通院などの援助サービス

身体介護と生活援助サービスの他に、訪問介護では、通院時などの乗降車の介助も行います。訪問介護事業者の介護職員資格を持つ運転手による送迎を受けられるサービスで、「介護保険タクシー」とも呼ばれています。

利用は要介護1以上の被介護者が対象で、介護保険の適用を受けることができます。介護保険タクシーは、公的機関や金融機関での手続き、通院、日常生活に必要な買い物など、限られた用途のみに利用することができるサービスです。

訪問介護サービスを受けるには?

訪問介護を利用するには、次の3つの手順が必要です。

  1. 担当のケアマネジャーに相談
  2. 訪問介護計画書およびケアプランを作成
  3. サービス提供事業者と契約し、サービス利用開始

まずは訪問介護サービスを提供している最寄りの介護施設などで、ケアマネージャーに現状の問題点や要望をを伝え、どんなサービスが利用できるかを情報収集しましょう。

訪問介護を利用できる方

訪問介護サービスは、要支援1~2、要介護1~5と認定された方が利用できるサービスです。ただし、要支援1~2の人については、「介護予防訪問介護」の対象となります。また、訪問介護は原則として65歳以上の方を対象としたサービスとなっており、40~64歳までの方については、要介護状態となった原因が、16種類の特定疾病による場合に限り認定の対象となります。

利用者数の性別構成の割合は、男性が 31.8%、女性が 68.0%となっています。年齢別では、男女ともに80~89歳が最も多く、次いで男性は70~79歳、女性は90歳以上が多くなっています。

訪問介護の費用目安

訪問介護にかかる費用は、「サービスの種類別料金 × 利用時間 + その他料金(緊急時加算など) = 1日あたりの自己負担額」で算出されます。以下は利用の目安です。

身体介助の場合の自己負担額

20分未満:165円/回
20~30分未満:245円/回
30~60分未満:388円/回
60~90分未満:564円/回
90分以上(以降30分経過ごと):80円/回 を加算

生活援助の場合の自己負担額

20~45分未満:183円
45分以上:225円

通院時の乗車・降車等介助の場合の自己負担額

片道:97円/回
往復:194円/回

訪問介護のメリット・デメリット

在宅介護を行ううえで欠かせない訪問介護サービス。訪問介護サービスのメリットとデメリットをそれぞれ解説します。

利用者のメリット

介護が必要になっても住み慣れた自宅で暮らしたいと願う方は多いもの。訪問介護サービスを活用すれば、自宅で介護サービスを受けながら生活を送ることができます。また、施設に入所するよりもコストを抑えられるというのは大きなメリットといえるでしょう。

利用者家族のメリット

訪問介護サービスは利用者の家族にとっても大きなメリットを持つサービスです。在宅介護を行っている場合は、訪問介護サービスを活用することで介護負担の軽減にもつながりますし、訪問介護スタッフから家庭環境にあった介護方法を学ぶこともできます

また、離れて暮らしている場合であっても、訪問介護サービス事業者を通じて利用者の様子を知ることができるので、安否確認をすることができます

介護スタッフのメリット

介護施設で行う介護とは違い、在宅介護の場合、利用者の自宅が職場です。さまざまな環境下で介護を行わなくてはならないため、臨機応変に対応する能力を身につけることができます。また、職場によっては直行直帰可としているなど、ライフスタイルにあわせて働きやすいのも大きなメリットといえるでしょう。

利用者のデメリット

自宅で介護サービスを受けることになるため、「家に他人を入れるのに抵抗がある」という方には訪問介護サービスは不向きです。また、介護スタッフとの相性が悪いとストレスを感じてしまうこともあります。

利用者家族のデメリット

同居している場合、利用者同様に「他人を自宅に入れるのに抵抗がある」と感じる方は少なからずいるようです。また、同居家族がいる場合、生活援助サービスに制約がついてしまうことが多く「何ができて何ができないか」線引きがあいまいで、とまどってしまうケースが多いというデメリットがあります。

介護スタッフのデメリット

訪問する家庭がバリアフリーになっているとは限らず、介護負担が大きくなってしまうケースがあります。また、他のスタッフと連携しながら介護を行う施設での介護とは違い、利用者の方と一対一で向き合わなければならない場面が多く、相性が悪いと大きなストレスを抱えることになります。

在宅介護を選ぶなら欠かせない介護サービス

在宅介護を受けている方に欠かせない訪問介護サービス。訪問介護サービスを利用している高齢者のなかには、介護スタッフが訪ねてきてくれる日を心待ちにしている方が少なくありません。
在宅での介護を選択する方が多い昨今、訪問介護サービスのニーズはますます高まっています。