サービスの充実が魅力!「有料老人ホーム」って?

介護施設として最もポピュラーな「有料老人ホーム」。特別養護老人ホームや他の介護施設と比較してどのような特徴があるのでしょうか。

目次

  1. 【1】有料老人ホームってどんな施設?

  2. 【2】有料老人ホームのメリット・デメリット

  3. 【3】サービスの充実を求める方におすすめ

「有料老人ホーム」は、主に民間の企業によって運営されている施設です。ひとくちに有料老人ホームといっても、そのサービス内容はさまざま。入居対象者は基本的に65歳以上で、自立して生活できる方から支援や介護が必要な方まで幅広く入居することができます。今回は「有料老人ホーム」について解説します。

有料老人ホームってどんな施設?

有料老人ホームは、高齢者の方が毎日の暮らしを快適に過ごせるよう整えられた施設です。暮らしやすさに配慮した「住まい」に、食事や介護、家事や健康管理といった「サービス」の提供が行われています。民間企業が運営しているケースが多く、差別化をはかるために施設内にシアタールームやレストランなど、高級ホテルのような設備をもっている施設もあります。

また、近年では入居金0円や月額利用料が安価なホーム、医療ケアが充実しているホームなど、さまざまなニーズに対応している施設が増えています。

有料老人ホームは大きくわけて3種類

有料老人ホームは以下の3種に分けられており、それぞれの特徴があります。

①介護付有料老人ホーム

介護付有料老人ホームは、その名のとおり、介護が必要な方を対象としている施設です。食事だけでなく、入浴や排せつなど、日常生活全般の介護サービスや、生活支援サービスの提供を受けることができます。

②住宅型有料老人ホーム

住宅型有料老人ホームは、介護が必要な人はもちろん、介護が必要ない方の受け入れも行っている施設です。食事などのサービスは提供されますが、原則として介護サービスは受けることができません。介護が必要な方は、自宅にいるときと同様に、訪問介護やデイサービスといった外部サービスを利用します。

③健康型有料老人ホーム

健康型は、比較的健康で自立した高齢者を対象とした施設です。露天風呂やトレーニングルームをはじめ、元気な方が暮らしを楽しむための設備が充実している施設が多いのが特徴です。食事などのサービスは提供されますが、介護が必要になった場合、退去を求められるのが一般的です。

介護付き有料老人ホームで最も多い入居期間は3~5年

全国有料老人ホーム協会が行った調査によれば、介護付き有料老人ホームの入居期間は次のグラフのようになっています。

最も多いのは3〜5年未満で、約3割を占めています。一方で、介護や医療ケアの充実した介護付き有料老人ホームでは、施設での看取りに対応しているケースが多く、比較的入居期間が長くなる傾向にあるようです。

実はまったく違うんです!特別養護老人ホームとの違い

有料老人ホームの経営主体の多くが民間企業であるのに対し、特別養護老人ホームは社会福祉法人や地方自治体などによって運営されている公的な側面の強い施設です。特別養護老人ホームは「介護老人福祉施設」とも呼ばれており、「特養」と略されます。有料老人ホームと比較して、入居費用が大幅に抑えられることもあり、2016年4月時点での特別養護老人ホームの待機者数は36.6万人ともいわれるほどの人気ぶりです。

費用の目安としては、有料老人ホームの利用料相場が月額約15万円~であるのに対し、特別養護老人ホームは月額約5万円~となっています。経営主体が異なること、費用の差があることが最も大きな違いといえるでしょう。

有料老人ホームのメリット・デメリット

ニーズに合わせて利用できる有料老人ホーム。そのメリットとデメリットを解説します。

有料老人ホームに入居するメリット

  • 施設ごとに特色があり、比較的高級なサービスを受けることができる
  • 施設数が多いため、選択肢が多い
  • 介護費用が定額制なので、費用面で安心して暮らせる
  • 介護職員、看護職員の配置義務付けがあるので、手厚いケアが受けられる
  • イベントやレクリエーションが充実している

有料老人ホームを選ぶメリットは、なんといっても選択肢が多いこと。施設数も多く、提供しているサービスに特色があるため、求めている施設に出会いやすいというのは大きな魅力ではないでしょうか。

有料老人ホームに入居するデメリット

  • 費用が高額なことが多い
  • デイサービスなどの外部の介護サービスを利用することができない場合がある
  • 介護度が低い人にとっては制限が多い暮らしになる可能性がある

一方でデメリットは、特別養護老人ホームと比較すると入居コストが高くなってしまいがちなこと。それから、特定施設に指定されている有料老人ホームに入居した場合は、原則としてデイサービスや訪問介護などの外部サービスを利用して、介護保険請求することはできないため注意が必要です。

サービスの充実を求める方におすすめ

特養など他の施設と比較して、サービスの質や内容の充実に力を入れている施設が多い有料老人ホーム。とはいえ、費用が高額になることも少なくありませんので、入居を検討する場合は、予算とサービス内容をしっかりと確認し、比較していくことが大切です。