これからの日本に必要なサービス「小規模多機能型居宅介護」って?

利用者の選択に応じて、施設への「通い」、短期間の「宿泊」、利用者の自宅への「訪問」の3種のサービスが受けられる「小規模多機能型居宅介護」が今、すごいんです!

目次

  1. 【1】小規模多機能型居宅介護ってどんな施設?

  2. 【2】小規模多機能型居宅介護のメリット・デメリット

  3. 【3】地域での暮らしを支えてくれる注目のサービス

入所型施設の不足などを背景に、今後もますます増えると予測されている在宅介護。「介護が必要になっても、住み慣れた地域(家)で暮らし続けたい」と願う方は多く、国は地域包括ケアシステムの構築に力を入れ始めています。在宅介護を支える介護サービスとして注目が集まる「小規模多機能」について解説します。

小規模多機能型居宅介護ってどんな施設?

小規模多機能型居宅介護とは、在宅介護を受けている方が介護サービスを受けるための施設です。小規模多機能ホームと呼ばれることもあります。平成18年4月、介護保険制度改正により地域密着型サービスが創設されたのと同時に誕生しました。

小規模多機能の目的は、利用者の方に可能な限り自立した日常生活を送ってもらうこと。施設への「通い」、短期間の「宿泊(ショートステイ)」、利用者の自宅への「訪問」の3種のサービスが提供されており、組み合わせて利用することができます。

「小規模多機能型居宅介護」3つのサービス

小規模多機能型居宅介護施設では、原則として次の3つのサービスが提供されています。

通所サービス

通所サービスは、デイサービスのように施設に通い、必要な介護を受けられるサービスです。入浴の介助が必要な方が施設で安全にリフレッシュすることを目的に利用をしたり、閉じこもりの防止のために利用をしたり…とその利用方法はさまざまですが、基本的には自宅で過ごして、必要なときだけ施設を利用するスタイルです。

デイサービスとの違いは、「午前中だけ利用したい」「入浴だけ利用したい」といった自由な使い方ができること。「週に一度、三食、食事だけ食べて帰りたい」なんて使い方もできるのは、小規模多機能の通所サービスならではです。

短期宿泊サービス

短期宿泊サービスは、何らかの理由で一時的に在宅介護が難しくなったときに、施設を宿泊利用できるサービスです。「家族が旅行で不在にするため、その期間だけ施設に宿泊したい」「介護をしている家族が体調を崩したので一時的に入所したい」など、利用理由はさまざまです。

一般的なショートステイとの違いは、急な場合でも対応してくれる施設が多いこと。定員に達していなければ、すぐに利用ができるケースが多いのは魅力です。

訪問サービス

訪問サービスは、その名の通り介護スタッフが自宅を訪問してくれるサービスです。食事の介助や入浴、排せつ、服薬介助、家事手伝い、買い物の同行など、受けられるサービスの内容は多岐に渡ります。施設に入って複数人数で生活するのが苦手という方に人気のサービスです。

一般的なホームヘルパーとは違い「安否確認のためだけに訪問してほしい」「30分だけ話し相手になってほしい」といった使い方もできます

小規模多機能を利用すべき方って?

小規模多機能は、介護が必要になっても自宅で暮らし続けたい方のための介護サービスです。家族だけで介護を担うのが難しい状況の方や独居の方、高齢のご夫婦から、特にニーズが高まっています。

必要に応じてスポット的な使い方ができる小規模多機能だからこそ「薬を飲むのを忘れてしまうので服薬管理をしてほしい」「病気後で安定しないので、在宅生活を支えてほしい」といった要望にも応えられます。利用者の方一人ひとりの境遇に配慮された対応が魅力です。

小規模多機能型居宅介護の利用条件

小規模多機能型居宅介護を利用できるのは、要介護(1~5)の認定をされた方です。要介護度が上がるにつれて料金もあがります。

小規模多機能型居宅介護の費用の目安

利用料金を抑えられるのは小規模多機能型居宅介護の魅力です。いったいどのぐらいかかるのでしょうか。目安は以下の通りです。

下記の自己負担額は、すべて負担割合が1割の場合で算出しています。負担割合が2割の人の場合は、それぞれ2倍の金額が自己負担額となります。

要介護1:103,200円/月(自己負担額:10,320円/月)
要介護2:151,670円/月(自己負担額:15,167円/月)
要介護3:220,620円/月(自己負担額:22,062円/月)
要介護4:243,500円/月(自己負担額:24,350円/月)
要介護5:268,490円/月(自己負担額:26,849円/月)

※施設によって、食事代やおむつ代、宿泊の際の部屋代や光熱費などは別途必要となります。こちらはあくまでも目安ですので、詳細は各施設で事前に確認しましょう。

小規模多機能型居宅介護のメリット・デメリット

在宅介護を受けている方を3つのサービスでサポートしてくれる小規模多機能。小規模多機能を利用するメリット・デメリットを解説します。

メリット

  • 1ヵ月ごとの定額料金制としている施設が多く、コスト面で安心
  • 少人数制で利用者一人ひとりに合わせた対応が可能
  • 必要に応じてサービスを組み合わせることができる

デメリット

  • 定員人数が定められているので、希望日にサービスを利用できない可能性がある
  • 看護師が必ず常駐しているわけではない

 

在宅介護の補助的な使い方をする分には、とても便利なサービスが揃っています。ただし、小規模多機能には登録定員と利用定員に上限があるため、定員がいっぱいで利用できないことがあるというのは念頭に置いておきたいものです。

地域での暮らしを支えてくれる注目のサービス

小規模多機能型居宅介護は、必要なときに、必要なぶんだけ介護サービスを受けたいという方にぴったりのサービスです。介護が必要になっても安心して暮らし続けられる社会づくりに取り組む日本においては、今後ますますニーズが高まっていく施設形態といえるでしょう。小規模多機能型居宅介護の利用を検討している方は、まず担当のケアマネジャーに相談してみることをおすすめします。