気づきにくい高齢者の脱水!暑さだけが原因じゃない!?

脱水
“脱水”と聞くと、やはり夏に起きやすいイメージの方が多いのではないでしょうか。しかし、高齢者の場合、脱水の症状が分かりにくい上に冬にも脱水が起きやすくなっているのです。

目次

  1. 【1】脱水ってどんなもの?

  2. 【2】高齢者は何故脱水になりやすい?

  3. 【3】冬の「かくれ脱水」って?

  4. 【4】高齢者の脱水はどうやって見つける?

  5. 【5】高齢者の脱水を予防するために

  6. 【6】まとめ

脱水ってどんなもの?

まず、脱水とは具体的にどのようなものなのでしょうか。

人間の身体は、約5~6割が水分であると言われています。その水分には血液・リンパ液・消化液などの体液も含まれていますが、それらは身体の機能を保持するために重要な役割を担っています。体液は、体外に出ていく水分・塩分と体内に入ってくる水分・塩分がちょうど同じぐらいの時にちょうど良いバランスを保っています。しかし、体調不良や炎天下での運動などにより大量に汗をかいたり、嘔吐、発熱、下痢などにより急激に身体から水分が失われたりすると、体内に必要な水分・塩分が足りなくなってしまいます。その状態を、“脱水”と言います。

脱水は大きく分けて、主に身体の中の水分が減る水欠乏性脱水と主に身体の中のナトリウムが減るナトリウム欠乏性脱水、水分とナトリウムが同時に不足する等張性脱水に分かれています。

水欠乏性脱水

身体の中の水分が不足した脱水を水欠乏性脱水と言います。原因としては、発汗や水分摂取量の不足、尿量の増加などがあります。身体の中の水分が少なくなるので、細胞外液の中のナトリウムは濃度が高くなります。

症状としては、のどや口の激しい渇き、尿量減少などがあります。さらに症状が進むと、発熱や意識障害、幻覚、体重減少などが見られるため早期発見が重要です。

ナトリウム欠乏性脱水

細胞外液の中のナトリウムが減少する脱水をナトリウム欠乏性脱水と言います。細胞外液には血液も含まれるため、血中のナトリウム濃度が低下している状態であるとも言えます。そうすると、ナトリウムの血中濃度を保つために血液の水分が細胞内液に移動します。そうすることで、血液の量自体が少なくなり、全身に血液が回りにくくなるのです。下痢、嘔吐、大量の発汗、利尿薬の作用などが原因で起こります。

症状としては、水欠乏性脱水とは違い、口の渇きなどは起こらないのが特徴です。頭痛、低血圧、意識障害などが見られ、皮膚の色は青白く、体温は冷たくなります。

等張性脱水

身体の水分とナトリウムが同時に減少し、ナトリウムの濃度自体には変化がない脱水を等張性脱水と言います。原因は主に、出血・下痢・熱傷などが原因で細胞外液が急速に失われることです。

症状としては、のどや口の渇き、食欲不振、嘔吐、めまい、倦怠感などがあります。

高齢者は何故脱水になりやすい?

脱水はよく、「高齢者や子どもに起きやすい」と言われていますが、そもそも何故高齢者は脱水になりやすいのでしょうか?その原因について見ていきましょう。

喉の渇きに気づきにくくなる

脳の視床下部という場所には、喉の渇きを感じる「口渇中枢」というものがあります。高齢になるとともにその感覚機能が低下することで、自分自身で「喉が渇いている」ということに気が付きにくくなるのです。また、同時に認知機能が低下している方は、自分が飲み物を飲んだかどうか分からず、長時間水分を摂らないままでいることもあるので注意が必要です。

筋肉量の減少

加齢とともに活動量は低下し、同時に筋肉量も減少していきます。実は筋肉は、身体の中で最も多くの体液を含んでいる場所なのです。そのため、筋肉量が減少すると体液量も減少し、脱水のリスクを高めます。

薬剤の影響

高齢になるとともに、高血圧や心不全になる方の割合も高くなってきます。その時に服用する薬の中には、血圧を下げて心臓への負担を減らすために尿を増やす「利尿作用」を持つ薬があります。それらの薬を服用すると、排出される尿量が増えるため脱水になりやすくなります。

食欲や嚥下機能の低下

飲み物だけではなく、食べ物にも水分やナトリウムは含まれています。そのため、加齢による食欲低下や飲み込む力である嚥下機能が低下することで全体的な食事量が減り、水分や電解質が不足しやすくなります。

トイレに行く回数を減らすために水分を摂らない

高齢になると、身体がうまく動かなくなったり、介護者に気を遣ったりして、頻繁にトイレに行くことを嫌がるようになります。水分を摂るとトイレに行きたくなってしまうという考えがあるため、トイレに行く回数を減らすために意図的に水分を摂らないことがあります。

 

これらの他にも、加齢による原因を中心とした様々なものがあります。高齢者に脱水が起きやすい原因をしっかりと理解した上で、それに合わせた対応をしていくことが求められます。

冬の「かくれ脱水」って?

「脱水」と聞くと、どうしても夏の暑いイメージに起こるイメージがあるのではないでしょうか。しかし、実際には脱水のピークは1年のうちで夏と冬の2回あるのです。では、どうして冬に脱水のピークがあるのでしょうか?

寒さが厳しくなってくると、暖房器具やこたつなどを使って暖をとる方も増えてきます。密閉された空間の中で暖房器具などを使用すると空気が乾燥し、普段より肌から水分が蒸発しやすくなります。分かり易く汗をかく夏とは違いそれらは自覚しにくく、気づいた時にはすでに脱水症状がひどくなってしまっていることも少なくありません。

汗をかいていないから大丈夫だと思うのではなく、冬でもこまめに水分補給をするようにしましょう。

高齢者の脱水はどうやって見つける?

高齢者の方の場合、一見脱水であると分かりにくくいつの間にか脱水になってしまっていたということがあります。そうなる前に、以下のサインに気を付けて早めに脱水を発見するようにしましょう。

・脇の下が渇いている

・排尿の回数・量が少ない、尿の色が濃い

・皮膚をつまんで離した時に、中々元の状態に戻らない

→皮膚には多くの水分が含まれています。脱水になると皮膚の水分も少なくなり、肌の弾力が減るため皮膚が元に戻りにくくなります。3秒程度で皮膚が元の状態に戻らなければ脱水の疑いがあります。

・舌や口の中、唇が渇いている

→健康な人の下は赤く、表面はなめらかです。しかし、脱水になっている状態だと下の表面に光沢がなく、赤黒く乾いています。

・食欲がない

・暑いのに汗をかいていない

・手の親指の爪を押すと、白くなってから元のピンク色に中々戻らない

→指先には毛細血管があります。水分が不足していると血流が悪くなるので、親指の爪を押した時に白い状態からピンクの状態に戻りにくくなります。3秒程度で元のピンク色に戻らなければ脱水の疑いがあります。

脱水

高齢者の脱水を予防するために

1日に身体から出ていく水分量は少なくとも不感蒸泄(=人の吐く息や皮膚から水分が失われること)+尿量と言われていて、量は約2Lです。これに加えて汗をかいたりすることでさらに水分が失われることを考えると、1日に身体から出ていく水分は意外と多いのです。そのため、喉が渇いていなくても、食事の時以外にも水分を摂る習慣を身に着けることが重要です。特に、運動後や真夏などの汗をかいた時、入浴前後、下痢や嘔吐などがみられる場合は特に意識をして多めに水分を摂るようにしましょう。もし、軽い脱水症状が出てしまっている場合はただの水などではなく、水とミネラルを含んだ麦茶や経口補水液、スポーツドリンクなどを取り入れるといいですよ。嚥下障害があり、水やお茶が飲み込みにくい場合はとろみをつけ、飲みやすいように工夫しながら水分補給をします。

水分補給ができるのは飲み物だけではありません。フルーツやゼリーなども水分を多く含んでいて口当たりもさっぱりしているので、食欲がない時や体調が悪い時などでも取り入れやすいです

また、脱水には居る環境の温度だけではなく湿度も関係があります。部屋が乾燥している場合は、濡れたタオルや加湿器を使用し、部屋の湿度をあげるようにしましょう。湿度は、50~60%が理想です。

高齢者の脱水の一番の原因は、本人が脱水を自覚しにくいところにあります。そのため、家族の方や介護をされる方も、必要な量の水分を摂ることができているかチェックしてあげることも大切です。

まとめ

「脱水は夏にするもの」、そう思っている方はまだ多くいらっしゃるのではないでしょうか。実際に脱水の多くは夏に起きているのですが、冬に起こる脱水も増えてきています。

脱水は、高齢者の場合特に症状が進行しないと中々気づきにくいものです。そのため、日頃から自分自身で意識して「水分を摂ろう」と心がけることが大切です。脱水は気を付けることで予防することができるものなので、脱水に関する正しい知識と予防法を身につけ、生活していく上で活かしていくことができたらよいですね。

介護ぷらす

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

最新の介護お役立ち情報をお届けします。