介護お役立ち情報

介護の手法や最新サービス情報など、介護をしている方や介護職の方であれば知っておきたい情報をピックアップしてお届けします。

注目!ニュース

障害者プランで共生社会を実現!ノーマライゼーションの歴史

“障害者プラン”とは、政府の障害者対策推進本部が策定したものであり、別名、“ノーマライゼーション7か年戦略”とも呼ばれています。
ゴールドプラン・エンゼルプランとあわせて“福祉3プラン”とも呼ばれる日本の保健福祉施策の1つで、障害者対策の重点施策として、1995年12月、障害者対策推進本部により策定されました。

ゴールドプラン・新ゴールドプラン、ゴールドプラン21!高齢者福祉を進めた施策

ゴールドプランは、健康で、生きがいのある老後を過ごすことができる社会を実現するために策定された「高齢者保健福祉推進十か年戦略」のことで、福祉3プランの一つです。
別名「高齢者保健福祉推進十か年戦略」とよばれ、高齢者の保健福祉分野において、達成したい整備目標を定めたもの。
厚生省(現在の厚生労働省)・大蔵省(現在の財務省)・自治省(現在の総務省)の3大臣の合意により、1989年に策定されました。

高齢者の犯罪が止まらない!!平成25年から検挙率独走のわけとは

高齢者の犯罪が増えている、というニュースがよく見られるようになりました。これは法務省から公表された数字でも明らかになっている事実です。超高齢化社会が急速に進むことは、生産年齢人口の減少や社会保障費、介護負担の増大などのよく耳にする問題だけでなく、高齢者の検挙数の増加という現象も引き起こしています。

高齢化が生む日本経済の危機!カギを握るのは「団塊の世代」

戦後の日本の経済成長を担ってきた「団塊の世代」の人々。金の卵とも呼ばれたこの世代は、その人数の多さから日本の文化や制度に影響を与えました。そんな団塊の世代ですが、実はこの世代の高齢化をきっかけとして、日本の経済に危機が迫っているのをご存知でしょうか。今回は、団塊の世代と高齢化の関係や、どういった問題が予測されるかをご紹介していきたいと思います。

保険や年金はどう生まれた?社会保障制度の歴史

社会保障制度は、産業革命をきっかけとして始まった所得格差を無くすための制度です。社会保障制度を成り立たせるためには、給付金や医療費負担のための財源が政府になければなりません。そのため、国民が自分たちの資産を少しずつ政府に渡し、税金や社会保障費の引き上げを受け入れることが前提になっています。私たちも日ごろお世話になっている社会保障制度は、どのような経緯で生まれたのでしょうか?

生活機能向上連携加算「拡大」!どうなる?「介護報酬」のゆくえ

平成30年に「介護報酬」が改定されたのをご存知でしょうか?その中で、「生活機能向上連携加算」の見直しが行われ、加算が受けられる事業所が拡大されました。介護業界で働く方にとって、「介護報酬」改定のニュースは注目すべきトピックになっています。

今回は、新たに生活機能向上連携加算の対象になった介護サービスに関してと、平成30年の介護報酬改定のねらいについて、今回の改定内容を踏まえて、「介護報酬」がこの先どのように変わっていくのかを見ていきましょう

1 2 3